子供の低身長改善したいならサプリ|栄養が決めて身長問題

子供の低身長改善したいならサプリ|栄養が決めて身長問題

1 スポーツは、低身長な子に不利?

 

子どもの低身長を気にされている方は、
スポーツをしているお子さんをお持ちの親御さんも
多いのではないでしょうか。

 

 

 

サッカーやバレー、バスケ、野球など。
やはり身長が高いほうが有利なのでしょうか。
選手決めの条件などに関係してくるものなのか
詳しくは分かりませんが、そういった話をきいたことがあります。

 

 

 

他の事ではとにかく、身体の問題となれば、
親としてどうにかしてあげたいと思う気持ちは、良く解ります。

 

 

 

とくに身長の場合は、保護者様も遺伝や育て方など
責任を感じてしまう部分もあるのでしょうか

 

 

 

個人的にスポーツ全く詳しくないのですが、
運動をしているお子さんは、たくさん食べて
睡眠時間も長いイメージがあり
低身長になる要素が、少ないように思います。

 

 

 

小柄な子は、動きが俊敏で、あらゆる場面で活躍できそうな気がしますが、
やはりスポーツだと低身長だと不利な場合があるのでしょうか。
そのスポーツによるのでしょうが。

 

 

 

バレーボール、バスケットボール、ソフトボールなど
球技だと多少損する場合があるのでしょう。

 

 

 

2 スポーツしているのになぜ身長が伸びないのか

 

スポーツをしていても小柄な子はたくさんいますし、
端から見ると、動きが速い子供さんが多くて、活躍しているように見えます。
そういった子ほど、エネルギーの消費量が多いのかもしれません。

 

 

 

食べる量に対しての運動量が多いなど、低身長の原因は様々だと思います。

 

 

 

これまで、活躍してきたスポーツ選手や現役の選手は
やはり体格が良いイメージがあります。
また、成長期にたくさん食べていたという話もメディアでよく観ます。

 

 

 

例えば、バレーボールで活躍していた、びっくりする程身長の高い河合俊一さんは、
朝からトンカツを食べていたそうです。飲む牛乳量もすごく多かったようです。

 

 

 

朝からカレーを毎日食べるイチローさんの話も有名ですね。

 

 

 

スポーツで活躍されている方は、子供のころからの練習量が人並み外れて多いので、
やはり食べる量もそれに比例して、多いのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

3サプリメントとストレッチ

 

スポーツを日常にしているお子様であれば、食が細いということは、あまりないのかもしれませんが、
運動量に比べると、足りてない場合もあるかもしれません。

 

 

 

もし、不安であれば、サプリメントを食事にプラスしてみるのも
ひとつの方法かもしれません。

 

 

 

以前は、身長を伸ばすために思い浮かぶ食品といえば、
カルシウムの多い牛乳や小魚くらいでしたが、
最近は色んな栄養素が注目されているようで
低身長向けのサプリメントも豊富に販売されています。

 

 

 

大まかにいえば、
タンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛など。
その他にもいろんな角度から
成長について研究されています。

 

 

 

それだけ、今需要があるということで、
悩んでいる親御さん、また子供さんが意外にもたくさんいいらっしゃると
いう現実があるのだと思います。

 

 

 

男の子は、昔から身長が高くなりたいと思っている子が殆どです。
女の子もモデルさんのように身長が高い恰好いい女性に憧れる
という話もよく聞きます。

 

 

 

なかには、身長が高いことがコンプレックスで、小さくなりたいと思っている子も
いるみたいですが。

 

 

 

全体的に最近は平均身長が高くなっています。
低身長の子の方が目立っているのかもしれません。

 

 

 

また、スポーツをしていれば、食欲もわき、睡眠もしっかり取れて
どんどん身長が伸びそうですが、
身体が、緊張状態だと骨も伸びづらいのかもしれません。

 

 

 

それは、スポーツの後や寝る前のストレッチが
良いとされているので、きっと、身体を緩めることが
大切なのだと思います。

 

 

 

内側からは、サプリメントで補い、外側からはストレッチを無理のない
程度に習慣にする事で、変化がみられるかもしれません。

 

 

4 継続は結果に繋がる

 

 

スポーツクラブに入ったリ、チームに入ったりすると
上手くなりたい一心で日々練習していると思います。
子供は、日々重ねて練習をすることでどんどん上達していきますね。

 

 

 

悩みに対しても、努力を継続することで、いつの間にか
結果が出てきて、気にしなくなりました、
というのが理想です。

 

 

 

低身長に悩んでいるのであれば、できる限りの努力をして
悩みを解消するか、
若しくは、他の得意分野でカバーをして 
気にしないように過ごす、というのも選択肢のひとつです。

 

 

 

親御さん思いだけでなく、
お子さん自身が低身長である事を気にしているか、そうでないのか、ゆっくり話をしてみるのもいいかもしれません。
子供さんの気持ちを聞くだけでも対応は違ってくるとお思います。

 

 

 

全く気にしていなれば、保護者様の気持ちも、楽になり安心するでしょう。
プレッシャーを感じず、伸び伸びとスポーツを楽しんでほしいです。

 

 

 

保護者様も子供さんの応援や
栄養面でのサポートに力をいれて、子供さん自身のがんぱりにも目を向けてあげて
いいところや出来たことに対して褒めてみて下さい。

 

 

 

身長を伸ばすために、お子さん自身ができることを継続して
自主的にさせてみましょう。

 

 

 

それが出来た時、また結果が出た時に 
家族でよろこべたらこどもの力になると思います。

 

 

 

早寝早起きや、ストレッチ、縄跳び、背伸びだけでもOKです。
最初に習慣にするまでは、面倒でつらいかもしれませんが
習慣になって、身についてしまえばとても本人にとっては
プラスになります。

 

 

 

これは、スポーツの練習でも言えます。厳しいメニューを練習に組み込み
毎日続けることで相当な結果がでる可能性があります。
活躍している選手は、日々の練習の習慣を大切に実行しています。

 

 

 

これは、他の分野でもいえることかもしれません。
大人になるととても時間のかかることかもしれませんが
成長期の子供ですとすぐに身につく気がします。
きっと大人には真似ができないことも成し遂げると思います。

 

 

 

ですので、毎日の習慣に悩みの解消となるヒントのものを
プラスして、継続していくと思わぬ結果が出るかもしれません。

 

 

 

低身長で悩んでいるのは、スポーツをしている子だけではなく
女の子も周りと違う自分の体型に1人悩んでいたりします。

 

 

 

子供の繊細な悩みに気付いて、成長期のうちに出来ることを探し
解消して あげたいものです。

 

 

 

そして子供達にはスポーツや好きなことに夢中になって
楽しく過ごしてほしいと思います。